ひやし飴の素 [116201]

【最短出荷日】
注文日:8月8日正午まで→ 出荷日:8月11日

在庫のある商品適用/出荷日限定商品は除く/先払いは入金確認後出荷
レビューを:
商品到着後、商品レビューを書いたら飴(非売品)プレゼント!(一度に複数ご注文でもプレゼントは1つとなります)

販売価格: 864円(税込)

数量:

商品詳細

最上級の米飴と中双糖を地釜でコトコト焚きあげ
しょうが風味がピリリときいた水飴

京都の手づくり「ひやしあめの素」


ひやしあめの素

“ひやしあめ”へのこだわり
飴の素

昔ながらの地釜で少量づつ時間をかけ直火で丹念に 煮詰め、熟練した技で丁寧に手をかけて作っております。

素材の豊かな風味を最大限に味わって頂きたいという こだわりより、着色料・添加物は一切使用しておらず、 水飴に最低限必要な原材料より炊き上げております。

大きな特徴として、原料に米飴を使用していることです。 米飴を使うことで、あっさりした品のある味に仕上げました。

また、生姜は高知産の土生姜を使用しております。


あめ屋の「ひやしあめ」

飴屋がつくる「ひやしあめ(冷やし飴)」だからこそ、原料の“あめ”にもこだわっております。 当店の「ひやしあめ」の大きな特徴として、原料に米飴を使用していることです。

もち米より精製された米飴は水飴の中でも最高級に位置し、あっさりと上品な味です。 また、どこか懐かしさを感じる甘味が特徴です。

歴史のある米飴(こめあめ)

「あめ」には千年以上の歴史があるといわれております。

古くは「日本書紀」に飴が登場しています。 また、正倉院に所蔵されている古文書にも「阿米」という記述があります。

当時の「あめ」は飴玉のことではなく、水飴のことで、「阿米」の表記から伺えるようにお米を原料とした「米飴」ではないかと考えられております。

この頃の「あめ」は主に甘味料として使用されており、貴重な高級品の「あめ」は滋養食品や薬品のような存在だったようです。

【室町時代に成立した狂言の演目の一つ「附子(ぶす)」にも、貴重な品として「水飴」が登場します。】


高知産の生姜(しょうが)を使用
生姜

「ひやしあめ」に欠かせない生姜。

最近は粉末のものなどがありますが、当店の「ひやし飴の素」は、高知県より取寄せた天然の土生姜を使用しております。生姜は鮮度を保つため、製造直前に「搾り汁」を採取しております。

生姜の入った料理を食すると身体の中からポカポカと温かくなります。生姜には冷えをとったり、血行を良くして身体を温める効能があるといわれます。

また、殺菌作用や食欲増進の効果もあるといわれます。
「ひやしあめ」は夏バテ防止。「あめ湯」は冷えた身体を温める。

生姜の効果を知って昔の方は「ひやしあめ」をつくったのかもしれませんね。


現代の名工、伝承の味と技

創業以来、初代から受け継がれる当店の「ひやしあめの素」は、飴炊きに用いる本地釜を使用し手間隙かけて丁寧につくります。

昔ながらの手づくり製法の為、大量生産できません。

また、着色料・添加物は一切使用しておらず、最低限必要な原材料より炊き上げております。

火力の調節や煮詰めの温度、生姜の搾り汁の投入のタイミングなど、飴炊きは気候・気温の少しの変化で大きく変わるため熟練した職人技が必要になります。


京都府の現代の名工に選出

飴づくり半世紀以上の京飴職人。
初代(現会長)は、平成23年に「京都府の現代の名工」に選出されました。


ご利用方法
ひやしあめ

「ひやし飴の素」を“のど飴”としてそのまま召し上がれるほか、お砂糖代わりにお料理の隠し味にご利用いただければ独特の味わいをかもし出します。

また、お好みの甘さに希釈し夏季はキンキンに冷たい「ひやしあめ」、冬季はポカポカの温かい「あめ湯」や「しょうが湯」としても味わっていただけます。

【プチ情報】
ヨーグルトにかけてもおいしく召し上がれます。
また、紅茶のシロップ代わりとしてジンジャーティー(紅茶しょうが)もいかがでしょうか??

ひやしあめ

京の夏の風物詩「ひやしあめ」

「ひやしあめ」は、琥珀色のしょうが風味が効いた甘さと頭に響く冷たさが何とも言えない味わい深い京都の伝統的な夏の飲み物です。一度、飲めば病みつきになります。

「ひやし飴の素」をティースプーンに5〜6杯、カップに移しお湯でゆるめ、氷を投入して冷却又は冷蔵庫にて冷やしてお飲み下さい。


あめ湯

身体の中からポカポカ「あめ湯」

生姜には昔から風邪を予防する効果や身体を温める効果など、色々な効能があると言われております。
寒い季節や冷房病対策には「あめ湯」としてお召し上がり下さい。

「ひやし飴の素」をティースプーンに5〜6杯、カップに移し熱湯に溶かすだけです。

※原則として飴の素と水の割合は1対7です。飴の素1個で約2400ccのひやしあめが作れます。


ひやしあめ/あめ湯
のれん

夏は冷たい「ひやしあめ」冬はあたたかい「あめ湯」。

主に京都・大阪など関西地方で昔からよく飲まれている飲み物です。 起源は定かではありませんが、大正時代には存在していたようです。

また、昭和初期には一般的に飲まれており、縁日や銭湯・プールなどで飲まれる市民の味として定着しました。

当店の「ひやしあめ」はもち米より精製された水飴(米飴)とあっさりした甘味の中双糖を地釜にてじっくり焚き上げた後、天然土生姜の搾り汁を贅沢にブレンドして謹製致しました逸品です。

最近では缶入りのひやしあめジュースとして市販されていますが、当店の手づくりひやしあめにはかないません。

また、当店の「ひやしあめの素」は、京都の“なつかしの味”や“ひんやりデザート”として百貨店の催事等で大好評です。一度、飲めば病みつきになります。

どこか昔懐かしい甘味の中に生姜の「ピリッ」とした辛味が香る独特の風味をご賞味下さいませ。


催事・業務用で好評の「ひやしあめ」
催事

「名前は聞いたことあるんだけど・・」「以前、関西に住んでいた。」「何??ひやしあめ??」 「昔、修学旅行で京都に行ったとき飲んだ」などなど、「ひやしあめ」になじみのない都道府県でも大好評いただいております。








お客様の声 ●申込みより、早々にお送りいただきありがとうございました。早速プレゼントをそれぞれに渡しました。その内、一人は、喉を痛めていたので、早速棒にくるくると巻いて食べていましたが、喉に効いて凄くいい!!…とのお言葉をいただきました。我が家用に、近々また注文をお願いしようと思ってます。(50代女性)
●京都宇治(平等院のところ)で購入して、おいしかったので通販で購入!とても満足しています。(大阪府A様)
●冷やし飴。京都で飲んだままの味です!!病み付きになりそう。多分リピートします。又宜しくお願い致します。(長野県A様)
●商品が無事届きました。無理な発注にもかかわらず迅速な対応をいただきましてありがとうございました。(兵庫県O様)
●子どもが中学の修学旅行で京都に行き、そこで『冷やし飴』の幟を見て、冷やした飴だと思い、聞いてみると、飲み物だったという話を帰宅後に教えてくれ、子どもは買ってこなかったので、平等院そばのお店ということも話していたので、検索してお試しとして購入しました。いろいろな要求に応えていただき有難く思いました。飴も美味しく頂きました。(神奈川県T様)

商品詳細

原材料 米飴、中双糖、土生姜汁、白絞油
内容量 300g
賞味期限 365日
保存方法 高温多湿・直射日光を避け、開封後なるべくお早くお召し上がり下さい。
用途 通販/ギフト・贈りもの・進物/お祝い・内祝い・出産祝い/法事・法要・仏事/プチギフト 結婚式/快気祝い/お見舞い/お供え/お使い物/引き菓子/誕生日/お祝いに贈る/ご両親に贈る/お世話になった方へ/おじいさん・おばあさんに贈る/親しい知人に贈る/節句/京都 銘菓・産直・お土産・お取り寄せ

レビュー

  • 5
    巡りあえた味😊
    購入者 さん
    子供の頃尼崎の商店街の一角に、出てた冷やし飴。
    夏の暑い盛りでもぎんぎんに冷えていて、少しづつしか飲めなかった。
    とても美味しくて関東に来てからは売っている店もなく、
    夏になると懐かしく思い出していた。先日冷やし飴の事を思い出しネットで調べてこちらのお店を探し当てました。今日着いたのでホットで飲んでみました。
    このお味❗️夏になってぎんぎんに冷やして飲むのが楽しみです。
    1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5
    ひやしあめ再度購入
    購入者 さん
    早速の配送ありがとうございました。
    この季節、乾燥で喉がイガイガしたり、風邪かな?と、初期の喉の痛みに、すごく優しく効いてくれる優れものと思います。
    寒い日には、お湯で溶かして飲むと、しょうがの効能でポカポカ、ほっこり温まります。同封して頂いた、プレゼント用の紙袋に入れて早速、友人に届けたいと思います。
    1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5
    美味しい!
    購入者 さん
    インターネットで好評だったので、お取り寄せいたしました。
    冷やしあめでいただいたのですがさっぱりと品のいい甘さで、とても美味しかったです。 またお取り寄せする予定です。
    1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    このレビューは参考になりましたか?