京都の逸品、本地釜仕上京飴(手作り飴)を製造販売しております。
出荷状況
注文日 9月23日正午まで
          ↓
出荷日 9月25日

※在庫がある商品に限ります
郵便・銀行振込:入金確認後出荷

塩飴

お試し用京飴パック

あめいろこづつみ 桜

あめいろこづつみ退職転勤

ブライダルプチギフト

ミニチュア飴菓子

千歳飴

おうじちゃまキャンディー

営業カレンダー



はんなりかふぇ憩和井 平等院店

はんなりかふぇ憩和井 清水五条店

憩和井奈良店

憩和井新京極店  ■お問合せ
  京都の飴工房
  [株式会社岩井製菓]
  〒611-0013
  宇治市莵道丸山203-3
  TEL:0774-21-4023
  FAX:0774-24-8500
  info@iwaiseika.ocnk.net

  メールでのお問合せは、
    電話番号
  を必ず明記して下さい。


 ■お支払い方法
 ・クレジット決済
 ・代金引換
 ・NP後払い
 ・銀行振込
 ・郵便振替

株式会社岩井製菓


ホーム ひやしあめ
商品一覧
ひやしあめ
商品並び替え:

ひやしあめの素 ひやしあめの素

“ひやしあめ”へのこだわり
飴の素

昔ながらの地釜で少量づつ時間をかけ直火で丹念に 煮詰め、熟練した技で丁寧に手をかけて作っております。

素材の豊かな風味を最大限に味わって頂きたいという こだわりより、着色料・添加物は一切使用しておらず、 水飴に最低限必要な原材料より炊き上げております。

大きな特徴として、原料に米飴を使用していることです。 米飴を使うことで、あっさりした品のある味に仕上げました。

また、生姜は高知産の土生姜を使用しております。


あめ屋の「ひやしあめ」

飴屋がつくる「ひやしあめ(冷やし飴)」だからこそ、原料の“あめ”にもこだわっております。
当店の「ひやしあめ」の大きな特徴として、原料に米飴を使用していることです。

もち米より精製された米飴は水飴の中でも最高級に位置し、あっさりと上品な味です。
また、どこか懐かしさを感じる甘味が特徴です。

歴史のある米飴(こめあめ)

「あめ」には千年以上の歴史があるといわれております。

古くは「日本書紀」に飴が登場しています。 また、正倉院に所蔵されている古文書にも「阿米」という記述があります。

当時の「あめ」は飴玉のことではなく、水飴のことで、「阿米」の表記から伺えるようにお米を原料とした「米飴」ではないかと考えられております。

この頃の「あめ」は主に甘味料として使用されており、貴重な高級品の「あめ」は滋養食品や薬品のような存在だったようです。

【室町時代に成立した狂言の演目の一つ「附子(ぶす)」にも、貴重な品として「水飴」が登場します。】


高知産の生姜(しょうが)を使用
生姜

「ひやしあめ」に欠かせない生姜。

最近は粉末のものなどがありますが、当店の「ひやし飴の素」は、高知県より取寄せた天然の土生姜を使用しております。生姜は鮮度を保つため、製造直前に「搾り汁」を採取しております。

生姜の入った料理を食すると身体の中からポカポカと温かくなります。生姜には冷えをとったり、血行を良くして身体を温める効能があるといわれます。

また、殺菌作用や食欲増進の効果もあるといわれます。
「ひやしあめ」は夏バテ防止。「あめ湯」は冷えた身体を温める。

生姜の効果を知って昔の方は「ひやしあめ」をつくったのかもしれませんね。


現代の名工、伝承の味と技

創業以来、初代から受け継がれる当店の「ひやしあめの素」は、飴炊きに用いる本地釜を使用し手間隙かけて丁寧につくります。

昔ながらの手づくり製法の為、大量生産できません。

また、着色料・添加物は一切使用しておらず、最低限必要な原材料より炊き上げております。

火力の調節や煮詰めの温度、生姜の搾り汁の投入のタイミングなど、飴炊きは気候・気温の少しの変化で大きく変わるため熟練した職人技が必要になります。


京都府の現代の名工に選出

飴づくり半世紀以上の京飴職人。
初代(現会長)は、平成23年に「京都府の現代の名工」に選出されました。


ひやしあめ/あめ湯
のれん

夏は冷たい「ひやしあめ」冬はあたたかい「あめ湯」。

主に京都・大阪など関西地方で昔からよく飲まれている飲み物です。 起源は定かではありませんが、大正時代には存在していたようです。

また、昭和初期には一般的に飲まれており、縁日や銭湯・プールなどで飲まれる市民の味として定着しました。

当店の「ひやしあめ」はもち米より精製された水飴(米飴)とあっさりした甘味の中双糖を地釜にてじっくり焚き上げた後、天然土生姜の搾り汁を贅沢にブレンドして謹製致しました逸品です。

最近では缶入りのひやしあめジュースとして市販されていますが、当店の手づくりひやしあめにはかないません。

また、当店の「ひやしあめの素」は、京都の“なつかしの味”や“ひんやりデザート”として百貨店の催事等で大好評です。一度、飲めば病みつきになります。

どこか昔懐かしい甘味の中に生姜の「ピリッ」とした辛味が香る独特の風味をご賞味下さいませ。


催事・業務用で好評の「ひやしあめ」
催事

「名前は聞いたことあるんだけど・・」「以前、関西に住んでいた。」「何??ひやしあめ??」 「昔、修学旅行で京都に行ったとき飲んだ」などなど、「ひやしあめ」になじみのない都道府県でも大好評いただいております。



 メディアで紹介
■朝日新聞夕刊 1面トップと3面
■LeafMOOK 〜京都人だって楽しめる 京都案内
LeafMOOK
■京都のフリーペーパー「go baaan」(2012年4月)
■「朝日新聞」(2010年10月31日)
■情報誌「コープステーション」(2010年10月号)
■書籍「こころに響く感動の御菓子(スイーツ)」五感で味わう絶対に失敗しない77の傑作に選出
■雑誌で紹介
いいことずくめのしょうが ねぎ
生姜の魅力がいつでも手軽に味わえる、お取り寄せ可能な逸品を厳選した「体にうれしいしょうが商品をお取り寄せ」のコーナーで紹介。
京都匠倶楽部
日本の伝統的な文化や暮らしを伝えていく「京都本」。「本物の京都 本物の京みやげ 地元の生活道具・京都暮らしをおみやげに」特集で紹介。
登録アイテム数: 9件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧

沢山のご注文を頂きありがとうございます!

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス